歴史大好き

歴史の一コマをわかりやすく・・とは言え、歴史は書き換えられる可能性があり謎に満ちていることが魅力と思っています。

戦国時代

信長の「馬揃え」はやはり天下布武!

織田信長による馬揃えは、1581年の『京都御馬揃え』(きょうとおうまぞろえ)などと呼ばれ、大規模な軍事パレードとして歴史に残っています。信長の目指した「天下布武」を世に誇示した行事で、当時の正親町(おおぎまち)天皇との間は、信長が攘夷を迫ったという説もありますが結論は出ていません。

信長の「馬揃え」はやはり天下布武!

信長の馬揃えとは?

馬揃えとは、名前のごとく名馬(騎馬)を集めて行進する、今でいう軍事パレードです。信長が1581年(天正9年)に行った馬揃えが、『京都御馬揃え』として著名。

この時期に信長が馬揃えを行ったのは、戦国大名をはじめ信長の配下にある者たちを総動員して、もはや天下統一は近いことを誇示したかった・・という事は、間違いないでしょう。

担当奉行は明智光秀という説がありましたが、最近言われてないので不明ーー。結果から見ると、光秀との関係はまさにその翌年、本能寺の変で信長が絶命するわけですが。

行進の順序は以下のように言われます。

 まずは
   丹羽長秀 + 蜂屋頼隆 + 明智光秀 +村井貞成
 次に
   織田一門
   (織田信忠・織田信雄・織田信包・織田信孝など)
 次に
   公家衆(近衛前久、正親町季秀など)
 次に
   信長の馬廻り衆や小姓衆、さらに柴田勝家たち
 次に
   織田信長  ←本命!

その前に「信長公記」では以下のように記されています、

御馬揃、それは2月28日に信長公が五畿内および隣国の大名・小名・御家人を召し寄せ、駿馬を集めて天下に馬揃を催し、帝の叡覧に入れるという式典であった。
 馬揃に際し、信長公は上京内裏の東の北から南八町に馬場をこしらえ、その中へ高さ八尺の柱を立てて毛氈で包み、周囲に柵を結いまわして席を作った。また禁中東門築地の外に行宮①を建てさせたが、これも仮殿でありながら金銀を散りばめた豪華なものであった。そこへ清涼殿より帝・雲客・卿相・殿上人が数をそろえ、衣香を四方に薫じさせて装いも華やかに来場したのだった。摂家・清華家の面々が一堂に会して帝の座所の四面を守護し、左右に作られた桟敷に居並ぶ豪華壮麗さは、まことに筆にも言葉にも尽くしがたく晴れやかなものであった。

信長の姿は、さすがに図版が残っていないのですが、絢爛豪華な衣装だったと言われます。
行進は朝から午後2時くらいまで、行進だけでなくオプションで馳せ駆けとか、馬術を見せるとか趣向が凝らされていたもよう。

天皇や公家も招待され、民衆も見物できたし、パレードに出ない他の大名たちも見物しました。

あの時代に、一万を越す馬や人が大掛かりな構成の中で、この日を過ごすのですから・・・素晴らしいです。この一大企画に民衆も、その他の大名も、皆「信長って凄い!」と納得するし、信長のおかげで都も平和な気がする・・・そうなると、信長の思うツボ。。

大雑把に言うとそこが、この馬揃えの意義でしょうか。

この時、信長の泊まったのが「本能寺」。翌年に裏切られて自決した因縁の地でした。

この時代、信長だけでなく諸大名も馬を揃えるというのが一つの事業でした。有名な逸話が「山内一豊の妻」のなかで『馬揃え—名馬をヘソクリで買った逸話の真相』として紹介されています。

大河ドラマの『功名が辻』では、エピソードの主、山内一豊の妻は千代さんであり、演じたのは仲間由紀恵さんでした。

馬揃えの頃、信長と正親町天皇、二人の権力者がいた

正親町天皇(1517〜1593年)は第106代の天皇。

信長の馬揃えの時に招待されました。なにせ馬揃えの会場は、京都内裏東ということで、陣中と呼ばれる言わば天皇の聖域にて、信長は世紀の大イベントを挙行したわけです。

それが可能だったのは信長が、正親町天皇に、双方が好意的であったか否かはともかくとしても近い関係だった、つまり信長が威圧的な態度を取れる関係だったか、もしくは天皇が信長に懇意であったか・・ここは不明です。しかし、現実に陣中で馬揃えは行われました。

この当時の皇室は、困窮していました。

106代天皇の正親町(おおぎまち)天皇は、在位期間が1557〜1586年と、30年近い長期間に見えます。しかし、安泰というよりは波乱に満ちた期間と言えそうです。

1557年に後奈良天皇の崩御のあと、当時の皇室の乏しい財政事情から正親町天皇はすぐに即位の礼も行えず、毛利家の献納などのおかげで1560年になって即位の礼を挙行しています。もう一つ注目すべきは、信長が京都に入った後、1573年に足利義昭が京都から追放された(足利義昭、最後の将軍は信長に担ぎ出され、かつ追われた。)のも、形の上では天皇の命令でした。

すなわち、天皇と、天皇という権威を利用した信長、という実質の権力者がともに居た時代・・でもありました。この件をイエズス会の宣教師コスメ・デ・トーレスは、『日本の世俗国家は、ふたつの権威、すなわちふたりの貴人首長によって分かたれている。』と記しました。宣教師の記録だけで断定できませんが、少なくとも海外から来た者にさえ(者だから?)、「二人の権力者」が見えていたというのは、着目に値します。

結局は、信長のほうが早く亡くなり、天皇は1586年に後陽成天皇に譲位します。そして信長の後、豊臣秀吉もまた、正親町天皇の後ろ盾で権力を伸ばしていきます。

つまり、正親町天皇の代は何であったかというと、その時に皇室の貧窮状態から抜け出した上向きの時代とも言えます。そういう時代に、正親町天皇と信長という二人の関係の詳細は諸説ありながら、ともかく信長は、京都御馬揃えをやってのけたのでした。

-戦国時代

執筆者:

関連記事

浅井長政と織田信長の関係とは?

浅井家が滅んだ時の戦国武将、浅井長政は、織田信長と一旦は盟友関係でしたが、最後は信長に攻められて亡くなりました。信長の妹のお市が長政に嫁ぎ、二人の間の3人の娘たちが浅井家滅亡の際に信長側に引き取られた …

築山殿事件、妻が殺害されたその時家康の立場は?

築山殿事件とは徳川家康の正室であった築山殿(瀬名姫)が、1579年、織田信長の命令で息子の信康とともに殺害された事件。信長の娘の徳姫が、家康と築山殿の長男、信康と結婚し、徳姫が信康と築山殿を悪者として …

お市の方、血筋を今に残した信長の妹

信長の妹、お市の方は、戦国の世で浅井長政の妻となって長政自害の時に救い出され、本能寺の変、清須会議を経て柴田勝家の妻となり、勝家とともに自害という劇的な生涯を送りました。その子孫は現在の皇室にまで繋が …

秀次は秀頼の出生の秘密を知っていて抗議した?

秀吉の後継者として関白に任ぜられた豊臣秀次は、最後は秀吉によって自害に追い込まれ、その妻や娘たちまで一族がこぞって殺害されました。その契機は、秀吉に思いがけず拾(ひろい)、のちの秀頼という後継者が生ま …

浅井三姉妹が匿われた実宰院と昌安見久尼

実宰院とは、滋賀県の長浜市にある曹洞宗の寺院で、浅井長政の腹違いの姉、昌安見久尼が開いたとされる寺。織田信長軍の攻撃を受けて逃れた長政の妻、お市の方と三人の姉妹たちは、小谷城の建つ小谷山から実宰院に逃 …