歴史大好き

歴史の一コマをわかりやすく・・とは言え、歴史は書き換えられる可能性があり謎に満ちていることが魅力と思っています。

江戸時代

千姫、家康の孫娘にして豊臣秀頼の妻

千姫、家康の孫娘にして豊臣家の妻

千姫は徳川幕府の2代将軍、徳川秀忠の娘で7歳にして豊臣秀頼と結婚し、後に大坂夏の陣において家康の命によって大坂城から救出されました。その後、本多忠刻の妻となり、忠刻亡き後は出家して江戸にて暮らしました。

秀頼の妻という立場

千姫(1597〜1666年)は生没年の通り、江戸時代の始まる前に後に2代将軍となる徳川秀忠を父として、秀忠の継室となったおごう(お江)を母として生まれました。生まれた時はまだ江戸幕府は開かれておらず、伏見城内にあった徳川屋敷での誕生です。

豊臣秀頼に嫁ぐため、輿入れとなった1603年はまだ千姫が7歳。一方の秀頼は1693年生まれで10歳と数えると、「夫婦」といってもどれほど幼い姿だったでしょうか。しかし、2人の婚約は秀吉の生前の意志でもありました。秀吉が亡くなったのが1598年ですから、1597年生まれの千姫は生まれたばかりから両家の要となる運命だったのが見えてきます。

幼い千姫は、輿入れで乳母の刑部卿局とともに大坂城に移動しました。この婚姻は、当時、家康が豊臣家を巧みに包囲しようとした一環とも見えるし、しかし、秀吉の遺志でもあり、つまりは度々指摘されるように、家康は当初から豊臣家を滅ぼそうとしていたわけでないことも読み取れます。

しかしいずれにしても家康の孫で秀頼の妻であった千姫が、大阪の陣で豊臣家が滅びていく時に救い出されたのは、歴史上の「ドラマ」となる場面。

秀頼と千姫の間に子どもはありませんでした。もし、秀頼と千姫の子どもがいたら、どうなっていたかーー。想像しても仕方ないのですが・・

大阪の陣のその時、千姫は・・

秀頼と側室との間に生まれていた男児の国松(1608年生まれ)は殺害され、豊臣家の血筋が絶たれました。もう一人、側室との間に生まれた女児の天秀尼(1609年生まれ)は、仏門に入ることを前提として助命され、千姫の養女となっています。

大阪の陣(1615年)において千姫は19歳。

千姫としては夫の秀頼も、叔母にあたる(母のおごうの姉)茶々(淀君)も助けてほしいわけです。しかし大阪夏の陣まで至ったこの時点で、2人に対する助命嘆願は拒まれました。千姫の希望が通らなかったというより、降伏するタイミングを間違った豊臣側の失策といいうか、もはや引き返せない趨勢とでも言えるでしょう。

ご存知、秀頼と淀殿は大阪夏の陣で壮絶な戦いの末に自害しました。大野治長は千姫の身柄を徳川側に渡すのと引き換えに秀頼の助命を願ったのですが、家康は拒絶。最終指揮をとった秀忠によっての総攻撃となりました。秀頼はまだ22歳ほどの若者なのですが。

(ご存知のように秀頼の出生については色々言われます)

ちなみに淀君はこの時47歳。浅井三姉妹を考えると、あらためて数奇な運命を辿っています。大阪の陣の時点で確認しますと「長女の淀君」は、このように徳川からすると攻撃対象そのもの。一方で、「三女のおごう」は御台所として江戸城にいるという、まさに敵と味方に別れさせられた末の戦いでした。
「次女の初」は、両者の交渉役として大阪城に居ましたが、家康の命で保護されました。

当の千姫は、秀頼の意向で堀内氏久という武将によって、徳川方の坂崎直盛という武将のところへ送り届けられ、その後、坂崎直盛によって秀忠のところへ送り届けられた、とされています。

大阪の陣の後の千姫

千姫は大阪の陣が1615年に終わった翌年の1616年に桑名藩の本多忠刻に嫁ぎました。翌年?と驚くには及ばず、この時代の姫ですから、江戸幕府の安定のため要所となる大名の妻となるのは常の道でした。

ところで、この結婚に絡んで「千姫事件」と言われる事件が起きています。事件の主は、その前年に千姫を送り届ける役であった坂崎直盛。この武将は、千姫に惚れ込んで輿入れ時に行列を襲って千姫を強奪しようとしたのですが・・未遂。計画がバレてしまった直盛は自害に追い込まれます。家臣たちは事件をもみ消そうとしたものの、事実が明るみに出て津和野藩坂崎氏は断絶することになります。

しかし坂崎直盛が、千姫に惚れ込んだだけで、このような大層な事件を起こすとは考えにくいことです。直盛は、家康の命令で秀頼亡きあとの千姫の行く先を熟慮し、縁組の見通しを立てていました。しかし直盛から見ると突然に、本多忠刻と千姫の縁談が決まってしまい、プライドも傷つけられた直盛が、事件を起こしたとされます。

伝説のように、直盛が大阪の陣で火中を千姫の救出に向かい、火傷しながら姫を助けたのに、その火傷を見て千姫が直盛を拒絶したという逸話も残っていますが、史実ではなさそう・・

桑名藩の本多忠刻に嫁いだ千姫は、翌年は姫路に移り、長女・勝姫と長男・幸千代を産みます。しかし、1621年には長男が亡くなり、夫も、母のおごう(お江)も亡くなり、本多家を出て江戸城に移り、出家して天樹院となりました。

その後、享年70という当時にしては長命を全うしました。

千姫を演じた人々

ところで千姫は、信長の妹のお市(千姫の祖母)に似て美しい女性であったとされます。しかも大阪城から救出の劇的場面があった千姫は、現在も、ドラマや映画に登場する人物となっています。

1960年の『千姫御殿』では山本富士子、1962年の『千姫と秀頼』では美空ひばり、1959年の『血槍坂崎』扇千景という錚々たる女優が演じています。

他にも1960年の『千姫』で冨士眞奈美、近年では2007年の『茶々 天涯の貴妃』で谷村美月、2003年のNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』で橋本愛実、2016年の大河ドラマ『真田丸』では永野芽郁が演じています。

千姫が亡くなった時に、娘の勝姫の長女、千姫の孫娘に当たる奈阿姫は「浄土三部経」を書写して菩提を弔いました。その書が茨城県常総市の弘経寺に納められ、市の指定文化財となっています。

-江戸時代

執筆者:

関連記事

彦根城、世界遺産登録の期待される国宝の居城

彦根城は、石田三成に代わって佐和山城に入った井伊直政が城を好まなかったことから、1603年、直政の没後に天下普請で築き始めた名城。彦根藩32万石として江戸時代の藩政を担ってきました。姫路城との相違点を …