歴史大好き

歴史の一コマをわかりやすく・・とは言え、歴史は書き換えられる可能性があり謎に満ちていることが魅力と思っています。

戦国時代

浅井長政と織田信長の関係とは?

浅井長政と織田信長の関係

浅井家が滅んだ時の戦国武将、浅井長政は、織田信長と一旦は盟友関係でしたが、最後は信長に攻められて亡くなりました。信長の妹のお市が長政に嫁ぎ、二人の間の3人の娘たちが浅井家滅亡の際に信長側に引き取られたことでも知られています。二人の関係は、信長が盟約を破ったことが契機となっての対立でした。

3代で築いた浅井家

浅井長政(あざいながまさ 1545〜1573年)

長政は生没年だけ見ると、あらためて短い生涯であることが分かります。現代に続く血筋という点では、浅井三姉妹といわれる3人の娘たち(大河ドラマでは茶々、初、江でした)が注目され、江(ごう)の血筋が、現在の天皇家に続くという点でも特筆されるべき人物でしょう。

浅井氏は3代で近江地方の北に戦国大名の地位を確立した家系。

浅井亮政(あざい すけまさ)(1491〜1542年)
浅井久政(あざい ひさまさ)(1526〜1573年)
浅井長政 

浅井亮政は浅井直政の娘婿として浅井家を継承し、そのころに京極家のお家騒動が起きています。浅井亮政は元々は京極高清の家来でしたが、京極家の後継争いを契機に京極家を追放し、京極家での実権を握り、さらに小谷山に小谷城を築くことで浅井氏の本拠地を定めました。

浅井亮政の晩年は、京極家との対立が再び起きたまま亡くなりました。

浅井久政は武勇には冴えなかった人物とされ、やがて六角氏の配下となってしまいます、六角氏に対する従属的姿勢の1つとして、息子に六角義賢から一字の賢の字を受けて後の長政に賢政と名乗らせたほどです。しかも、六角義賢の関係者(平井定武の娘)を長政に嫁がせています

しかし後の長政(賢政)が野良田の戦いで六角義賢に大勝することで、浅井氏は六角氏から独立しました。そこで家臣たちは弱腰の浅井久政を隠居させて、半ば強制的に家督は長政に継がれたとされています。

これはクーデター的な政権移譲に見えますが、諸説あり真相は不明。ただし浅井久政が、しだいに対立していく「織田」と「朝倉」のなかで、最後まで朝倉よりであったことは明らかです。久政は最期は1573年、小谷城にて自害。

浅井長政と織田家の盟約と約束の破棄

いずれにしても長政が六角家から嫁いだ正妻を返し、賢政の名も返上し、六角氏の支配を離れ、やがて信長と同盟を結ぶことで名前も浅井長政と変えていくことになります。長政の「長」は信長の「長」。信長からの信頼も厚かったといいます。

浅井家と織田家の結びつきは1560年代のいずれかの時期と考えられています。浅井長政に信長の妹である「お市」を嫁がせることで、信長にとっては、本拠地の岐阜から、京都に安全に移動できるようになる点は大きなメリットでした。また信長が越前を攻略しようとすれば、信長の背後となる琵琶湖北部は浅井家なので、後を気にせず戦えるという利点もありました。

浅井家にとっても信長との同盟は、水運や商業、漁業などの産業でも利権が約束されます。また信長の親族というより、妹という近い血縁者を正妻に迎えることは、浅井長政にとって万全な縁戚関係でした。

しかし浅井・織田の関係は、1570年に信長が一方的に約束を破った形で、越前を攻撃したことで崩壊していきました。浅井家は元来、越前の朝倉家とは付き合いも長く、隣り合わせの国境で浅井、朝倉の両家が共存してきた関係。

ところが信長が「朝倉への不戦の誓い」を破って、朝倉方の城を攻めたのです。信長にとっては、長政にあらかじめ断らずとも同盟関係だから信長を支持してくれるだろうという、楽観的な観測だったかもしれません。

しかし浅井長政は、葛藤と迷いの末か、朝倉義景との同盟関係を尊重し、信長と徳川家康の連合軍を後ろから襲う形で攻撃を始めました。まったく警戒していなかった背後からの攻撃に信長も驚き、慌てて退却しました。この退却時、シンガリを務めたのが秀吉でした。

退却後に体制を整えて、信長があらためて浅井・朝倉の連合軍を攻撃したのが1570年の「姉川の戦い」でした。ここで浅井・朝倉の連合軍が敗れ、1572年の「三方ヶ原の戦い」では織田・徳川軍が武田信玄に敗れましたが、その後の信玄の不運な病死を経て1573年に「一乗谷城の戦い」にて朝倉氏が滅亡しました。

盟友の朝倉氏が滅ぼされ、浅井長政はもはや生きる道がなく、1573年9月、小谷城にて自害しました。その前に信長からの降伏勧告がありましたが、自らは死を選び、滋賀県長浜市の徳勝寺に葬られています。その時に、信長の妹であるお市の方と3人の娘たちは、信長側に引き取られました。

浅井長政の女子による血統が現代まで・・

お市の方のその後の、壮絶な最後とも併せ持って、この時、市さんと茶々、初、江という3人の娘が引き取られる場面は、まさにドラマで強調されるところです。この中の長女の茶々が後に淀君として秀吉と結ばれるわけです。

さて浅井長政の自害により、浅井家は途絶えます。長政の嫡男として浅井万福丸が記録に残っていますが、万福丸は信長の命令を受けた秀吉の軍勢により10歳ほどの年齢で処刑されました。次男の万寿丸は1573年に生まれたばかりでしたが、仏門に入ったとされています。

このように男系の途絶えた浅井家です。一方で娘のなかで江(ごう)あるいは小督 (おごう)とされる3女は、後に江戸幕府第2代将軍の徳川秀忠の妻となりました。

その秀忠との間に生まれた「和子」が後水尾天皇に嫁ぐことで、江(ごう)は明正天皇の外祖母となります。さらに江(ごう)は、秀忠の前に結婚していた豊臣秀勝との間に生まれた完子の縁から、大正天皇の貞明皇后(節子)に連なります。しかも江(ごう)は、秀忠との間のもう一人の娘、勝姫の縁からも貞明皇后(節子)に連なります。

つまり、浅井家を中心に考えると、娘の江(ごう)の血縁によって、現在の皇室に血統が繋がっているということになります。

羽柴秀勝、3人居た秀吉の「子」

ところで2020年の『麒麟がくる』での浅井長政の配役は5月24日現在、まだ発表されていません。

以上、浅井長政と織田信長の関係は一度は妹を嫁がせるという強い盟友関係にありながら、信長が約束を反故にした形で敵対関係となり、最後は浅井家が滅亡することになりました。

-戦国時代

執筆者:

関連記事

小谷城と長浜城、つまり浅井長政と秀吉

小谷城とは、現在の滋賀県長浜市の湖北町伊部に存在した山城。小谷城主浅井長政が織田信長の攻撃で滅び、現在は城跡となっています。近くにその後、拠点として秀吉が長浜城を築きました。長浜城も幾度かの城主の変遷 …

信長の「馬揃え」はやはり天下布武!

織田信長による馬揃えは、1581年の『京都御馬揃え』(きょうとおうまぞろえ)などと呼ばれ、大規模な軍事パレードとして歴史に残っています。信長の目指した「天下布武」を世に誇示した行事で、当時の正親町(お …

秀次は秀頼の出生の秘密を知っていて抗議した?

秀吉の後継者として関白に任ぜられた豊臣秀次は、最後は秀吉によって自害に追い込まれ、その妻や娘たちまで一族がこぞって殺害されました。その契機は、秀吉に思いがけず拾(ひろい)、のちの秀頼という後継者が生ま …

安土城、初めての天守閣?の謎が魅力的な城

安土城は、信長が築いた山城で現在では城址となり特別史跡となった意義ある城。当時「天主」と呼んだ信長の意向の建造物により歴代の「天守閣」が生まれることになりました。本能寺の変の後に焼失し廃城となりました …

足利義昭、最後の将軍は信長に担ぎ出され、かつ追われた。

足利義昭は、シンプルに言えは足利幕府最後の将軍。15代将軍に就任後、支えてくれた信長と対立し、一時は信長を包囲した後にその包囲網は崩され、ついには京から追放されました。将軍を辞めた後、晩年は秀吉の配下 …