歴史大好き

歴史の一コマをわかりやすく・・とは言え、歴史は書き換えられる可能性があり謎に満ちていることが魅力と思っています。

幕末

トーマス・グラバーと坂本龍馬

トーマス・グラバー

実業家、トーマス・グラバーと坂本龍馬は、ともに幕末の動乱期を動かした人物ですが、その関係はどんなものだったでしょうか。

トーマス・グラバーが日本に貢献!?

トーマス・グラバーは幕末に「グラバー商会」を設立したスコットランド出身の実業家。現在も長崎市には旧グラバー邸のあるグラバー園が開設されています。

トーマス・グラバーと坂本龍馬の関係において度々言及されるのは、武器商人であったグラバーの力を借りてこそ、坂本龍馬の「大量の武器を薩摩という名目で長州のために購入」という偉業が達成できたということ。

トーマス・グラバーの優れた点は、幕末の勢力関係が目まぐるしく入れ替わる混乱期に、それを利用するかのように(orズバリ利用して?)倒幕派にも佐幕派にも武器を販売したこと。坂本龍馬の亀山社中との取引もその一環でした。

トーマス・グラバーは、1865年には政府に先駆けて蒸気機関車を走らせており、日本人の妻ツルと結婚し、息子の倉場(ぐらばー)富三郎氏は、数奇な運命のなか水産学者としての実績も残しました。明治になってからは、グラバーは高島炭鉱を開発しました。

また、三菱財閥の相談役を務めるなど岩崎弥太郎とも関わりが深く、キリンビール(麒麟麦酒)の設立にも貢献し、外国人初の勲二等旭日重光章も授与されました。

概して、日本のために大きく貢献した人物、とされます。ーーしかし単純にそういう表現でいいのか? という点については後述します。

グラバーと坂本龍馬の力関係は?

二人の関係は生没年を比較すると以下の通り。


トーマス・グラバー(1838〜1911年)
坂本龍馬(1836〜1867年)

当時、グラバーは坂本龍馬より若い実業家でした。上記のように、グラバーのおかげで坂本龍馬は、「八月十八日の政変」の後、勢力を失った長州のために、薩摩という名目で武器を調達しています。

しかしシンプルに「グラバーのおかげ」と言ってはお気楽かもしれません。2006年に制作された歴史ミステリー『龍馬の黒幕』(HBC北海道放送)は、興味深いテーマを扱いました。

そこでの解釈はこうです。黒幕はグラバーであって、グラバーは大量の資金を得て武器を手に入れ、それを倒幕派にも佐幕派にも幕府にも、坂本龍馬にも売った・・。坂本龍馬も利用されていたに過ぎない、ということ。武器を売りたいのがグラバーの主眼なら、龍馬も利用されていたとも言えるでしょう。

ちなみに歴史ミステリー『龍馬の黒幕』の原案となったのは、『石の扉 フリーメーソンで読み解く歴史』(加治将一 新潮社)。

フリーメイソンというキーワードで見ると、まさに歴史のあちらこちらに、奥深いテーマです。

ただし、トーマス・グラバーがフリーメイソンの一員であったか否かは、定かでありません。フリーメイソンについて、一般人には分からない(というより単に知らない)ことが多いのですが・・高須クリニックの高須克弥氏は自らフリーメイソンの一員であることを公言しています。

高須克弥氏について個人的に素晴らしい人物と思いますが、高須氏についてもフリーメイソンについても百人百様の声があり、ここでは、単純にその事実をご紹介するのみ。

長崎の観光地グラバー園

グラバー園は現在、長崎の観光地の一つとなっています。

長崎市南山手町8-1

元々は、1939年に三菱重工の長崎造船所がグラバー邸を富三郎氏から買収。戦後、進駐軍の公舎だった時期もありますが、1957年に三菱重工業がグラバー邸を長崎市に寄贈し、一般公開を始めました。

その後、旧リンガー住宅、旧オルト住宅も加えられ、現在、多数の移築建築物も擁する野外博物館となっています。

訪ねてみたい地の一つです。

トーマス・グラバーと坂本龍馬は、あの激動の時代に武器を介して取引があったことは確かですが、その力関係などは諸説あると言えます。しかし仮にグラバーが龍馬を利用していたとしても、それに龍馬が気づいたとしても、坂本龍馬にとっては自らの行動を変えることはできなかったはず・・・ということで、この二人を敢えて並べて(?)これくらいの話になりました。

-幕末

執筆者:

関連記事

お龍(楢崎龍)の晩年と坂本龍馬

お龍(楢崎龍)は京都で医師をしていた楢崎家の長女として生まれ、子供のころは何不自由ない生活をしていたと伝わっています。龍馬と楢崎龍が結婚したのが1865年で、1867年11月には龍馬が近江屋事件で亡く …

坂本龍馬の子孫は今・・・

Contents1 坂本龍馬の直系の子孫2 郷士坂本家の人々3 坂本直行氏と北海道 坂本龍馬の直系の子孫 坂本龍馬(1836年〜1867年)の子孫はいるのでしょうか? という素朴な疑問を抱いたことのあ …

大浦慶と坂本龍馬の関係

大浦慶と坂本龍馬の関係を整理すると、肝心の接点という点で、亀山社中のころに接触があったものとほぼ推定されます。女性一人で日本茶の貿易を始め、起動に乗せ、実業家とも言える大浦慶の生涯は、一方では詐欺に遭 …

坂本乙女さん、頼もしい龍馬の姉

坂本乙女さん、頼もしい龍馬の姉 坂本乙女とは、坂本龍馬の3歳年上の頼もしいお姉さん。「乙女姉さん」は有名ですが、本来の名前は留(とめ)さん、つまりお留さんだったもよう。乙女さんは、末の弟の龍馬をたいへ …

岡田以蔵は「人斬り」だが実像は?

岡田以蔵は「人斬り以蔵」の名で知られています。身分は下級武士の「郷士」であり、名が残っているのは、まさに「人斬り」という幕末ならではの役割。捕らえられてからの以蔵の自白が土佐勤王党を窮地に陥らせたこと …